〜酒井抱一 秋草〜 吉原編④★

今日は。

実家に着き、姪っ子ちゃんと遊んでいたのですが、

寝てくれたので、続きを書きます✨☺︎🌈


**************************


客が引手茶屋の二階に上がり、下座に座ると・・・の続きです↓↓↓

(さぁ始まります)


やがて、遣手が遊女と共にやってきて、ここで漸く客と顔を合わせられます。


そして、遣手の仲立ちで盃を交わします。

(乾杯ッ)


これは、結婚式の三三九度見立てで、遊女が一夜妻になる

儀式のようです★

(さすが、江戸!!本格的ですね!!)


その後、遊女が客を部屋に通します。


初回は「廻し部屋」と呼ばれる ”遊女が巡回して来るのを待つ格の低い部屋”

に通されることが多かったそうです★


部屋に入ると台屋(だいや)から料理が届き、これが

空になった頃を見計らって、若い衆が布団を運び入れました。


その後、朝まで遊女と過ごすのです・・・♡

(ドキドキ・・・♡)


       (参考『江戸の色町 遊女と吉原の歴史』)

**************************

      

ついに吉原の美味しいシーンに辿り着きました!!


実際はどんな会話があり、どんな気持ちで食事や酒盛りを愉しんでいたのか・・


気になります♪


酒井抱一も吉原通いが盛んだったようですが、吉原の何にハマっていたのでしょうか・・?


行く度に疑似結婚を味わえるような、今夜から人生が大きく変わるような、

ぞくぞくする高揚感にハマる男の気持ちなら、少し分かる気がします🍓


皆さん、今日もいい日になりますように★



           (酒井抱一「遊女と禿図」出光美術館)

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示