川越の旧遊郭街☆

こんにちは☆

久しぶりになってしまいました^^;

漸く落ち着いてきたので、今日からまたブログを書いていきたいと思います✨


今日はどんより雲な1日で、不思議なくらい、

元気が出ませんでした・・★皆さんは、どうでしたか?

今年のシルバーウィークは、大荒れの予感ですね(。>﹏<。)


さて、先日知人とお話しした時に、話題になったのですが、

川越にも遊郭街や芸者街があったそうなのです!!


知っていましたか・・?

(私だけ知らなかったのかな・・^^;)


喜多院の裏側には遊郭街、蔵造りの町並みの先には旧芸者街があるそうです。


サイト『川越 水先案内板』

(https://kawagoe-info.net/walk-kawagoe/akasen-hanamati)

によると、 戦後1958年以前は、警察公認の売春店が川越にあったそうです。


喜多院の裏には、かつて「(乙種料理店数)20軒、娼妓81名」がいたのだそうです。


驚きです!!


表向きは、埼玉県は、公娼を認めない「廃娼県」だったそうですが、実際には

旅館、料理屋という建前で、遊廓が存在していたそうです★


ぞくぞくしてきますね!!


知らなかったのですが、1958年4月1日の「売春防止法」の施行により、

廃れていったそうです。


しかしながら、今も建物は残っていて、普通の料理屋になっているそうです★


たとえば、有名な「和洋御食事処 栄」さん。

ここもかつては、遊廓店だったそうです⭐️

↓↓↓




次に、もっとも妓楼らしさを残していると言われている転業旅館『市むら』


この裏口が遊廓らしいと言われています★


↓↓↓



(引用「https://kawagoe-info.net/walk-kawagoe/akasen-hanamati」)


こういう眼で川越散策をしたことがなかったので、驚きです(人´∀`)


今度、実際に訪れて見たいと思います🎵


良いシルバーウィークとなりますように☆✨


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示