top of page

🌸祝WBC優勝 〜野球の神様ver〜🌸

更新日:3月26日

今日は✨

今日は曇り空☁


なんだか、私の生きている世界が急にグルグル回り始め、

実は数日間、寝不足になっています(*_*)

皆様はいかがお過ごしでしょうか・・?


さて、昨日はヌートバー選手を応援熱心な東松山市役所〜まるひろ通り商店街について

簡単に書かせて頂きました✨

今日は同じくヌートバー選手の応援にと 何回かテレビに出ていた野球の神様『箭弓稲荷(やきゅういなり)神社』について、旧川越藩幕臣の立場で書いておきたいと思います✨


*******************************

箭弓稲荷神社は、東松山駅の西口を降りて、約200メートル歩いたところにあります✨


歴史としては、和銅5(712)年と古く、野久ヶ原と呼ばれていたこの場所は、当時は里人の稲荷信仰の場所とされていました★


平安時代には、源頼信(源頼朝のご先祖様)が平忠常追討の倫旨を賜り、野久ヶ原に本陣を張って 一夜中祈願していると、翌朝、白い雲が敵陣の方へ、箭のように勢いよくかかったので、源頼信は「神明の現れだ」と判断し、敵陣に攻め寄ると、3日で見事に退治出来たそうです★


そのことから、喜んだ源頼信は、箭弓稲荷大明神と奉り、社殿を再建し、「箭弓稲荷神社」と名を変えたようです。

(今回のWBC優勝は、箭弓稲荷大明神のお陰でしょうか‥♡)

(やきゅうという音から、近年 野球の神様と言われるようになりました)


江戸時代になると、東松山は川越藩領となり、川越藩の松平大和守家は代々、箭弓稲荷神社を崇拝し、分霊を川越城や明治時代以降は、松平家 新大久保の邸宅でも奉斎していました✨

(現在も前橋の殿様のご子孫の方が、毎年東松山まで来て祈願されていると聴いています…)


特に8代松平斉典公(川越城主)の信仰は篤く、今も本殿にある献額「箭弓祠」の字は斉典公が書いたものです!!!


因みに1811年には幣殿(広い所)を、1835年には拝殿を…いずれも川越藩領主松平大和守家 及び その信徒たちによって建造されたもののようです✨



(引用 「前橋藩松山陣屋」 松山陣屋研究会著)

**********************************


(↑↑箭弓稲荷神社です)

(箭弓稲荷神社 https://www.yakyu-inari.jp)

(↑拝殿です。本殿はこの奥ですが、一般人は入れません)

(右の大きな絵馬は、毎年松山女子高校の書道部の方が奉納されています。松山女子高校は、ヌートバー選手の母の母校のようですね✨母校の場所は、ここから半径数十メートルの場所にあります!)

(その松山女子高校には、松山陣屋の大きな模型があるそうです)


(↑ここが噂のバット絵馬✨)


(これが…キャラクターのやっくん と きゅうちゃん…なんだかスミマセン)



(↑8代斉典公の献額「箭弓祠」の下書きです)

(引用「松平大和守家の研究出版祝賀会」での配布冊子)



(↑箭弓神社の社報には、今もやっぱりあの葵紋が押されています✨)

閲覧数:46回1件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page