top of page

☆江戸の粋☆

今晩は!!

今週も始まりました!✨✨

寒い雨の日が続き、ニュースも暗く、心は冷えていませんか・・?


さて、河鍋暁斎「七福神」の準備をしていますが、

1/28もまた、みっちゃんの江戸講座(江戸の庶民文化を語る時間)を用意しています☆笑


当日は、江戸でよく言われる「いき(粋)」について、

いくつか話したいと思っています✨


江戸といえば、合言葉のように「いき」という言葉が連想されますが、

いきとは一体、どのようなことを指すのでしょうか・・?


その一部を当日お伝えしますが、

思いの外・・深く、すぐにその機微を理解することは難しいな・・と感じました☆


でも、江戸時代に流行ったという「いき」の文化の一片を通じて、

今の日常がまた一層愉しく感じられたら嬉しいと思い、私もチャレンジする気持ちです!!


例えば、手の動き「手管」。

「いき」に無関心な男性でさえ、魅惑されたとか。


因みに「いき(粋)」な手付きとは、手を軽く反らせたり、曲げたりすることだそうです☆


手は、顔の次にその人の個性を表し、過去をも連想させ、手先にまで響く。


指先まで響いている余韻によって、魂そのものを感じさせる。


同性のみならず、異性も魅惑させていきます・・♡


(参考 「いき」の構造 九鬼周造著)



今日は、10ヶ月頃の姪っ子ちゃんの写真を掲載させて頂きます♪

(許可を得ています!)


急に妙に大人っぽく感じたのは、叔母だからなのでしょうか。

(なんて可愛いの〜〜〜✨✨)


年齢や時代に関わらず、日常から、「いき」を探してみると愉しいと思いませんか・・?♡笑


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page