🍀年忘れの宴 再告知🍓

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年は3年ぶりの忘年会ということで、

江戸一の料亭【八百善】さんとコラボする運びとなりました✨


当初は仲間内で「ちょっとはしゃいじゃお〜♪」という軽いお話でしたが、

せっかくならテーマを持って、気の合う人と分かち合いたい・・✨


と思い、イベントと致しました。


************************************************

今回のイベントのポイントは3つ☆

・酒井抱一の掛け軸とのコラボで江戸を感じる★

・勝海舟の末裔による幕末のトークショー✕薩摩琵琶『城山』で幕末の気分を味わう☆

・将軍家斉やあのペリーにもお食事を出したという江戸一の八百善料理を頂く♡

*************************************************


今日は酒井抱一について簡単に書きます!!!

今年の7月に酒井抱一をテーマにウェスタ川越にて、ワークショップ【宴】を

開催しました。






             (出光美術館 所蔵)







           (出光美術館所蔵「遊女と禿図」)


酒井抱一という人は、江戸中期、姫路城主 酒井忠仰(ただもち)の次男として生まれるも、跡継ぎとしては縁がなく、37歳で出家。


毎晩の様に愉しんでいた吉原通いが功をなしたのか、今回のイベントの舞台【八百善】での文化交流が功をなしたのか、美の感性が磨かれ、のちに江戸琳派の祖と呼ばれるまでになりました。


そうです!!京都の尾形光琳の金屏風に対し、江戸の銀屏風での琳派に

成功しました。


豪華絢爛な尾形光琳の作品にたいし、酒井抱一は江戸をどの様に表現し

残したかったのでしょうか・・?


当日は、松山陣屋から酒井抱一の3幅対の掛け軸を

お持ちする予定です!!!


教科書ではない、【江戸】を今、私達の視点で見つめてみると、新たな発見!!!満載です☆どうぞお愉しみに☺️


まだコロナの懸念消えぬ中なので、十分に気をつけながら、

3年ぶりの忘年会をお愉しみ下さい・・♡

(★締め切りは準備の関係で、11/30です)





閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示